Event is FINISHED

Labuan Captive Seminar 2019 Tokyo / ラブアン キャプティブセミナー 2019 東京

Description
自家保険の基本理念およびアジアにおけるキャプティブ設立の時機と最新動向

アジアにおいて自家保険手法であるキャプティブの概念は比較的新しいものですが、世界的にはすでに6,600 以上のキャプティブが存在し、長い歴史を有しています。
アジアに拠点を持つキャプティブはまだ200社にとどまっており、アジアの企業は自家保険を活用することにより、さらなるベネフィットを得ることが期待できます。

自家保険手法を検討しキャプティブ設立をすすめる過程において、企業は業務を見直し、自らが抱えている業務上のリスクを洗い出すことができるのです。

このセミナーにご参加頂き、皆さまそれぞれのビジネスモデルに適したキャプティブ設立が有力なリスク管理手法であるというご理解を深めていただけたらと存じます。同時にマレーシアの金融センターであるラブ アンにキャプティブ設立をする意義をご説明させていだだきます。



講演日程

1.00PM 受付

1.30PM 開会挨拶 ファラージャファークロスビー / ラブアン金融庁 / CEO

1.45PM ラブアン金融庁: マレーシア金融センター ファラージャファークロスビー / ラブアン金融庁 / CEO

2.15PM キャプティブ入門: 自家保険の根幹 緇荘 靖嗣 / ジャパン・リスク・スペシャリスト株式会社 / 営業部長

2.45PM キャプティブ手法の有効活用: 事例紹介 大塚 忠義 / 早稲田大学大学院会計研究科 / 教授

3.15PM ラブアンにおけるキャプティブ設立 アニー ウンディカイ / ブライトンマネジメントLTD / マネージングディレクター

3.45PM コーヒーブレイク

4.00PM パネルディスカッション

目的に則したキャプティブ戦略 – 最新動向と アジアにおけるキャプティブ設立の時機

モデレイター:
荒木 直義 / ジャパン・リスク・スペシャリスト株式会社 / 代表取締役

パネリスト:
ファラー ジャファー クロスビー/ ラブアン金融庁/ CEO
アニー ウンディカイ/ ブライトンマネジメントLTD / マネージングディレクター
大塚 忠義 / 早稲田大学大学院会計研究科 / 教授

5.00PM 交流会

6.00PM 終了


講演者紹介


ファラー ジャファー クロスビー

ファラー ジャファー クロスビーは2018年1月よりラブアン金融庁(LIBFC)公認広報機関ラブアンIBFCの最高経営責任者を務めています。資本市場と大口金融部門での20年以上の経験を活かし、ラブアンIBFCをアジアパシフィックにおける好適なミッドショア区域へと押し上げました。それ以前にはマレーシアのシンクタンク(the Asian of Institute Finance)とマレーシア証券取引所( Bursa Malaysia)にて市場開発とコミュニケーション戦略における責任者であり、またマレーシアの株式仲買人業界を代表する組織(Association of Stock Broking Companies)を統率していました。このことにより、彼女は比類のない洞察力と多様な利害関係者に関わる問題解決の実務経験を得ることができました。イギリス・シェーフィールド大学法学部卒業。

会社情報:https://www.labuanibfc.com/


緇荘 靖嗣

緇荘 靖嗣は2003年にエーオンリスクスペシャリストに入社し、保険のリードブローカーを務めました。2008年にジャパン・リスク・スペシャリスト株式会社に営業部長として入社してからも、主要ブローカーであり続けています。彼は保険および再保険交渉に15年以上の経験を持つスペシャリストであり、様々な保険会社、少額短期保険会社、協同組合、共済、キャプティブなどの豊富な実務経験を有しています。


大塚 忠義

大塚 忠義は早稲田大学大学院会計研究科教授で、博士(経済学)、日本アクチュアリー会正会員です。 1981年より生命保険会社および再保険会社でプライシング、リスク管理を担当し、外資系生命保険会社で商品開発担当の執行役員を務めたのち退職しました。早稲田大学保険規制問題研究所研究員、同大学院商学研究科助教を経て、2018 年より現職に就いています。専門はアクチュアリー学、リスクマネジメント、保険数学、金融工学です。 主な著書/『生命保険業の健全経営戦略 財務指標とリスク測定手法による早期警戒機能』(日本評論社・2014年)、 『経済価値ベースのERM』(分担執筆・中央経済社・2015年)、『保険販売の新たな地平』(早稲田大学保険規制問題 研究所編・分担執筆・保険毎日新聞社・2016年)


アニー ウンディカイ

アニー ウンディカイは20年以上の経験を積んだ公認会計士、有資格ファイナンシャルプランナーで、会計コンピュータサイエンスの学士号を保有しています。彼女は税制、投資、運営管理、経営コンサルティング、などの会計のすべての面における広範な知識を有しています。トップ5に位置する監査法人でキャリアをスタートし、 運輸会社にて主計部に属し、1997年から 2004年までラブアン認可保険会社(Etiqa Offshore Insurance (L) Ltd)に所属しました。12年前にブライトンマネジメントを立ち上げ、世界中の70を超える顧客に対して、キャプティブ管理などの保険関連管理業務を提供しています。

会社情報:https://www.brighton.asia/


荒木 直義

荒木 直義は保険仲立人、ジャパン・リスク・スペシャリスト株式会社の代表取締役です。慶應義塾大学経済学部卒業後、米国の証券会社で金融派生商品のトレーダーを10年間務めました。1998年からドイツの再保険会社で損害保 険、主に技術保険、財物保険の引受に携わったのち、2007年に保険仲立業に移り、2008年より代表取締役を務めています。

会社情報:https://www.japanrisksolutions.com/



Agenda

1.00PM Registration

1.30PM Welcome Remarks Farah Jaafar-Crossby, Chief Executive Officer, Labuan IBFC Inc.

1.45PM Labuan IBFC: Malaysia’s Regional Financial Centre Farah Jaafar-Crossby, Chief Executive Officer, Labuan IBFC Inc.

2.15PM Captives 101: The Building Blocks of Self Insurance Seiji Kuroso, General Manager, Japan Risk Specialist Limited

2.45PM How to Utilise Captive Vehicles Efficiently: Case Study Tadayoshi Otsuka, Professor, Graduate School of Accountancy, Waseda University

3.15PM Incorporating a Captive in Labuan IBFC
Annie Undikai, Managing Director, Brighton Management Limited

3.45PM Coffee Break

4.00PM Panel Discussion:

Fit for Purpose Captive Strategies – Emerging Trends and Opportunities for Asian Captives

Moderator: Naoyoshi Araki, Representative Director, Japan Risk Specialist Limited

Panelists:
Farah Jaafar-Crossby, Chief Executive Officer, Labuan IBFC Inc.
Annie Undikai, Managing Director, Brighton Management Limited
Tadayoshi Otsuka, Professor, Graduate School of Accountancy, Waseda University

5.00PM Networking Cocktail

6.00PM Ends


Featured Speakers

Farah Jaafar-Crossby

Farah Jaafar-Crossby is the Chief Executive Officer of Labuan IBFC Incorporated Sdn Bhd (LIBFC Inc.), the official promotion and marketing agency for Labuan International Business and Financial Centre (Labuan IBFC) since January 2018. She brings with her more than 20 years of experience in capital markets and the wholesale financial services sector, putting her in good stead to promote Labuan IBFC as the preferred midshore jurisdiction in Asia Pacific.

Farah was formerly attached to the Asian of Institute Finance and Bursa Malaysia, where she was involved in senior market development and strategic communications roles. She also managed the Association of Stock Broking Companies Malaysia, the industry lobby group representing Malaysian stockbrokers, allowing her a unique insight and hands on experience with issues surrounding multiple stakeholder management. Farah has a LLB (Hons) from Sheffield University, United Kingdom.


Seiji Kuroso

Seiji Kuroso started working for Aon Risk Specialist Limited in 2003, where he was engaged in insurance broking and served as a lead broker. In 2008, Seiji joined Japan Risk specialist Co., Ltd. as General Manager and continued to serve as lead broker.

Seiji has over 15 years of experience in the industry, specialising in Insurance and Reinsurance treaty. Throughout this time, he has worked with numerous industry players including Insurance companies, Small Amount & Short Term Insurance (SASTI) companies, Cooperative associations, Kyosai’s, and Captives.



Tadayoshi Otsuka

Tadayoshi Otsuka is a professor at Graduate School of Accountancy, Waseda University.

He has been in charge of pricing and risk management in life insurance and reinsurance companies since 1981 and was appointed as the product development executive in a foreign life insurance company. After leaving the company, he was a researcher at Waseda University Research Institute on Insurance Supervisions and Regulations, and an assistant professor at Waseda University Graduate School of Commerce before being appointed to his current position in 2018. His specialties are actuarial science, risk management, insurance mathematics and financial engineering.

He holds a PhD Degree in Economics and a Fellow of the Institute of Actuaries of Japan.



Annie Undikai

With 20 years’ experience in the industry, Annie Undikai is a qualified professional accountant and a Certified Financial Planner. A Bachelor‘s Degree (Hons) graduate in Accounting and Computing Science, she gained extensive exposure in handling all aspects of accounts, taxation, investment, administration and management consultancy. She started her career with one of the top 5 audit firms and from 1997 to 2004, she joined Etiqa Offshore Insurance (L) Ltd (previously known as MNI Offshore Insurance (L) Ltd), a licensed Labuan insurer. Prior to 1997, she was the Group Financial Controller of a shipping and transportation company.

Twelve years ago, she founded Brighton Management Limited, an independent licensed insurance/underwriting manager that specialises in providing insurance management services to insurance and insurance-related entities, including captives. Brighton Management now manages over 70 clients worldwide.


Naoyoshi Araki

Naoyoshi Araki is the Representative Director at Japan Risk Specialist Limited. After he graduated from the Faculty of Economics of Keio University in 1986, he started his career as a financial derivatives trader at an American securities company. In 1998, after 10 years of working as the financial derivatives trader, he started working for a German reinsurance company and was mainly focused on reinsurance underwriting and assessment work of engineering insurance and property insurance.

In 2007 he started working for Aon Risk Specialist Limited in its reinsurance broking business and was subsequently appointed as the President of the company in 2008. With the change of shareholders of the company in 2009, he became the Representative Director at Japan Risk Specialist Limited.































Updates
  • Venue Address was changed to "丸の内二重橋ビル, 3 Chome-2−2 Marunouchi, Chiyoda City". Orig#429391 2019-04-25 01:35:20
Thu May 30, 2019
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加無料 FULL
Venue Address
丸の内二重橋ビル, 3 Chome-2−2 Marunouchi, Chiyoda City Japan
Organizer
Labuan Captive Seminar / ラブアン キャプティブセミナー
116 Followers